Yasuyo World

英語教育指定校でした。

Excite エキサイト : 社会ニュース

うちの子供たちが通った小学校は、平成10年度(だったはず)から2年間、当時の文部省から英語教育の指定を受けました。
今でもその名残りで、国際理解を深める学校として、週2時間英語の授業があるし、朝・昼の校内放送では英語の歌が流されます。
授業内容は、「聞く・話す」が中心です。書く事はほとんどないようです。
慣れ親しむ事に重点をおいている感じです。
担任と外国人講師がペアを組んで子供達を指導してくれます。
最初は遊びがメインですが、徐々に日常生活での会話を学び、
卒業する頃には、簡単な会話ならスラスラできるほど上達しています。
修学旅行では、京都で外国人旅行者と交流しよう!みたいな課題があって、
ガイドさんが驚くくらい、堂々と会話しているそうです。
中学校に入ると、「書く」事も大事になってくるので、ちょっと戸惑ってしまう子もいるようですね。
うちの場合も、書くのが苦手です;
でも、小学校での英語教育は、プラスになってると思います。
聞く力は、中学から英語を学ぶより確実に伸びると思いました。

この小学校のテーマである国際理解を深めるために、
英語に親しむとともに、日本の文化・伝統を学ぶ事も積極的に行なっています。
時折訪れる「外国からのお客様」に、日本の良さを紹介しなければなりませんからね。

前任の校長先生は、
「英語も大事だけれど、母国語である日本語も大事にしましょう。英語を聞くように、日本語も一生懸命聞きましょうね。」
と、折に触れ子供達に話していたそうです。
私は、英語教育が導入された事で、日本語がおろそかになったという印象はありません。
早い段階で、英語を学べる環境に出会えた事を感謝しています。

だから、小学校英語は大賛成です。
[PR]
by sing-sing-diva | 2005-03-11 22:06 | DIVAの意見
<< 卒業式 PART1 お疲れ様!ワカメちゃん >>



日々の出来事・感じた事ナドナド・・・過去の話もあれば、現在進行中も有♪
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31