Yasuyo World

13歳が感じる「原爆」

米13歳少年が撮った原爆ドキュメンタリーが話題
c0015101_20544572.jpg
シカゴ郊外の13歳の中学生、スティーブン・ソートー君とトレイス・ゲイナー君の2人が、原爆ドキュメンタリー「ジーニー・イン・ア・ボトル」(15分)を構成から編集、作曲まで全て自分達で作り上げたということで話題になっている。

2020年の核兵器廃絶の目標は達成できると思う? という問いにも
「あと15年じゃ早過ぎるかもしれないけど、不可能なんてことはないんだ」という。


そう、不可能ではないはずです。
不必要なモノは持たなければいいんです。
この子たちが大人になって、今よりず~っと平和な世界が実現されるといいなぁ。
それには、まず興味を持って過去を知り、過去の過ちから平和へのヒントを見つけ出さなければならないと思います。

13歳の視点で捉えた「原爆」
同世代の子供たちがこれを観て、興味を持つきっかけになるといいですね。

広島市がスポンサーになって、日本に来てもらえば・・・って思います。
[PR]
by sing-sing-diva | 2005-08-02 21:43 | 気になるコト
<< ありゃ!いつの間にっ! ラベル買い >>



日々の出来事・感じた事ナドナド・・・過去の話もあれば、現在進行中も有♪
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31