Yasuyo World

へ~、そうなんだ!

「降雪量」と「積雪量」は違う? | Excite エキサイト

ニュースや天気予報で「降雪量(降雪の深さ)」と「積雪量(積雪の深さ)」という、ふたつのよく似た言葉を耳にしていないだろうか。どちらも天から落ちてきた雪の量を測るものだが、実は両者は違うもの。
「降雪量」は、ある時間(1時間、6時間、24時間など)の間に"新しく"積もった(積もる)雪の量を指す。天気予報の「明朝までに○○センチの雪が降ります」はこっち。
一方、「積雪量」は、自然の状態でのその時刻の雪の深さを指す。簡単に言えば「今ここに何センチの雪があるのか」ということ。「寒いで~す。ここ、△△村には×××センチの雪がありま~す」というニュースのレポートは、積雪量を指している。
雪は、自分の重さでどんどん縮んでゆく。降ったばかりの雪は、間に空気がいっぱい入っていて、水の3~15%くらいの重さしかない。条件にもよるが、かなり縮む。何もなかった場所に1メートルの雪が降ったとして、翌日には50センチに縮んでしまうことも。こうなると、降雪量は1メートル、積雪量は50センチということに。さらに、太陽が照ったり雨が降ったりして、20センチにまで減ったとしよう。降雪量は1メートルのままだけど、積雪量は20センチになる。


なるほど!
降ったわりには積雪量が少ないなーと思ってましたが、そういうコトだったのね。
c0015101_22311051.jpg

ってか、この画像・・・ステキだわ☆
[PR]
by sing-sing-diva | 2006-01-17 22:34 | 気になるコト
<< ぐきっ☆…( ̄▽ ̄;) カラオケ行きた~い!!!♪ >>



日々の出来事・感じた事ナドナド・・・過去の話もあれば、現在進行中も有♪
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30